洗面台で水漏れが発生したら?適切な修理方法と原因

洗面台で水漏れが発生してしまった場合、どのような修理方法が適切なのかを理解しておかなければなりません。
誤った手順での修理は、洗面台の水漏れをさらに深刻化させてしまう恐れがあります。
今回は、洗面台で水漏れが発生してしまった場合の、適切な修理方法や原因について解説しますので、参考にしてみてください。

洗面台の水漏れの原因

まずは、洗面台の水漏れの原因についてみていきましょう。

蛇口のパッキンが劣化している

洗面台の水漏れの原因として、まず挙げられるのが「蛇口のパッキンが劣化している」というものです。
蛇口のパッキンが劣化していると、パッキンに生じた隙間から水が漏れてしまい、洗面台の水漏れとなってしまいます。

給水管などの「ナット」の緩み

給水管や排水管、給湯管などのつなぎ目を固定している「ナット」が緩んでいることで、水漏れを引き起こすことがあります。
ナットがしっかりと締まっていないと、生じた隙間から水がポタポタと流れてしまうのです。

排水管の詰まり

排水管が詰まっていると、洗面台が水漏れしてしまうことがあります。
髪の毛やほこり、異物などが排水溝から流れ込み、排水管内で詰まってしまうと、正常に水が流れにくくなり、水漏れとなってしまいます。

洗面台で発生した水漏れの修理方法

洗面台で水漏れが発生したら、どのように修理するのが適切なのでしょうか。
ここからは、洗面台の水漏れの適切な修理方法について解説します。

蛇口のパッキンを交換する

洗面台の蛇口のパッキンが劣化している場合は、「パッキンの交換」を行うことで、問題を解消できます。蛇口のパッキンはホームセンターでも販売されていますし、比較的安価です。
ただし、パッキンを交換する場合は、蛇口を分解する必要があるため、しっかりと取り扱い説明書を確認しながら作業を進めましょう。

ナットを締めなおす

ナットの緩みが原因で水漏れが発生している場合は、ナットを締めなおす必要があります。
レンチを使ってナットを締めなおすのが一般的ですが、きつく締めすぎると配管やパイプを傷めてしまう可能性があるため注意してください。

融着テープを使う

ナットを締めなおしても水漏れが改善されない場合は「融着テープ」を水漏れ部分に張り付けて応急処置をしましょう。
ナットの緩みが水漏れの原因でない場合、内部のパッキンの劣化が考えられます。しかし、知識のない方が配管などを分解するのは難しいため、融着テープで応急処置をしておき、業者に修理を依頼してください。

パイプクリーナーを使う

排水管の詰まりが原因で水漏れしているなら、「パイプクリーナー」を使ってみてください。
パイプクリーナーは、排水管の詰まりの原因となっている「髪の毛」「ほこり」「ヘドロ」などを分解し、水の流れを正常な状態へと促します。
ただし、「固形物が詰まっている」など、パイプクリーナーでは改善できないような詰まりの場合は、業者に相談して取り除いてもらう必要があります。

洗面台の水漏れ修理は業者に依頼もおすすめ

洗面台の水漏れ修理は、業者への依頼もおすすめです。
自分で対処できるケースもありますが、作業に不慣れな方では、問題が解決できなかったり、設備を故障させたりして事態が悪化してしまうリスクがあります。
「修理作業に不安がある」という方は、むやみに自分で対処せず、専門業者に作業を依頼しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました