台所につまりが発生したら?「油」が原因となっている場合の解決策

台所のつまりの原因が「油」である場合、どのように対処すればよいのか分からない方がほとんどです。
一般的なつまりの原因である「食材カス」「異物」と比較すると、油汚れによるつまりはやや厄介であるのが事実。正しく対処しないと、解決できない可能性があります。
そこで、今回は台所のつまりの原因が「油」である場合の、解決策について詳しくご紹介します。

台所のつまり原因である「油」を溶かす方法

台所のつまり原因である「油」を溶かす方法について解説します。
今すぐ解決するためにも、以下からの内容を確認してみてください。

「水酸化ナトリウム」の濃度が高いクリーナーを使う

比較的簡単な方法であるのが「水酸化ナトリウム」の濃度が高いパイプクリーナーを使うことです。
水酸化ナトリウムは油を溶かす性能を持つ成分であるため、水酸化ナトリウムの濃度が高いパイプクリーナーを使えば、効果的に油を溶かすことができます。
なお、具体的には、濃度「1%以上」を謳っている商品がおすすめです。

ワイヤーブラシでつまりを解消してからクリーナーを使用する

すでに台所が詰まっている場合は、一度ワイヤーブラシなどでつまりを解消してから、前項で解説したパイプクリーナーを使うことをおすすめします。
台所がつまっている状態でパイプクリーナーを使用しても、つまっている水によって「水酸化ナトリウム」の成分が薄まってしまい、効果が半減してしまうことが考えられます。
パイプククリーナーの効果を最大限に発揮させるためにも、あらかじめワイヤーブラシなどで台所のつまりを解消しておきましょう。

排水トラップを取り外してからクリーナーを使用する

パイプクリーナーを使用する際には、必ず「排水トラップ」を取り外してから、液剤を流すことが大切です。
排水トラップを取り付けたままパイプクリーナーを使用しても、十分に効果が発揮されず、油がスピーディーに解けない可能性があります。
パイプクリーナーの使用を検討している方は、「排水トラップ」を取り外すのを忘れないようにしてください。

業者に相談したほうが良いケース

台所のつまり原因である「油」は、専用のクリーナーを使えば自分で対処できますが、一方で業者に相談したほうが良いケースもあります。

「こびりついた油」が解けないとき

市販のパイプクリーナーを使用したものの、「排水口に油汚れがこびりついている」という場合は、業者に相談してください。
仮に、ある程度の油汚れが落ちて水の流れが改善されても、油がこびりついている以上、短期間で再度つまりが発生してしまうでしょう。
油による台所のつまりは、徹底的な洗浄が必要であるため業者に相談してください。

油汚れがひどいとき

油汚れがひどい場合は、市販のパイプクリーナーでは解決できないことがありますので、業者への相談をおすすめします。
業者は「市販では購入できない強力なクリーナー」「高圧洗浄機」など、様々な道具を駆使して油汚れを解消します。
「長年の油汚れが蓄積している」「何をしてもつまりが解消されない」という場合は、業者に相談したほうが良いでしょう。

台所のつまり原因が「油」なら適切に解決しましょう

台所のつまり原因が「油」である場合は、適切な対処が重要です。
油は、私たちが思っている以上に頑固で厄介な存在といえます。だからこそ、「効果的に溶かす方法」を知り、正しく解決しなければなりません。
現在、油による台所のつまりに悩んでいる方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、作業を進めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました