蛇口の水漏れ修理はいくら?自分で実施する場合と業者に依頼する場合を比較

蛇口の水漏れに悩んでいるものの修理費用が気になる…といった不安を抱えている方はいらっしゃいませんか?
とくに、初めて修理を依頼する方であれば、費用がイメージできず業者への依頼を躊躇してしまうものです。そこで、今回は蛇口の水漏れ修理における費用についてご紹介します。

蛇口の水漏れ修理費用

蛇口の水漏れが発生した場合、「自分で修理する場合」と「業者に修理を依頼する場合」ではどちらが安く済ませられるのでしょうか。
さっそく、それぞれの費用相場についてご紹介します。

自分で修理する場合は数百円から5,000円程度

蛇口の水漏れを自分で修理する場合は、数百円から5,000円程度で済ませることができます。
自分で修理する場合、必要なのは「部品代」だけですので、交換する部品が安価な物であれば500円程度で済ませられることもあります。例えば「パッキンの交換」「ビスの交換」などの部品で済むのであれば、高額な費用が必要となることはほとんどないでしょう。

業者に依頼する場合は5,000~1万円程度

業者に蛇口の水漏れ修理を依頼する場合は、5,000~1万円が相場です。
業者に修理を依頼すると、部品代の他に施工費(人件費)が発生するため、自分で対処する場合と比べるとやや高額な傾向にあります。
とはいえ、プロ品質で修理をしてくれるため、「修理後の不具合」「修理したのに直っていない」といったトラブルがありません。
なお、蛇口の水漏れ修理の料金については8,000円前後を設定している業者が多いです。

蛇口の水漏れ修理を自分で行う方法

蛇口の水漏れ修理を自分で行う場合、どのような手順で進めたら良いのでしょうか。
ここからは、自分で蛇口の水漏れを修理したい方に向けて、正しい方法をご紹介します。

原因を特定する

蛇口の水漏れを自分で修理する場合は、まず原因を特定しなければなりません。
「どこから水漏れしているのか」「どの部品に不具合が生じているのか」などをしっかりとチェックし、問題のある個所を明確にする必要があります。

部品を交換する

原因を特定したら、問題のある部品を取り外して交換しましょう。
部品によって取り外し方は異なりますが、「ネジを緩めて部品を取り外す」「手で引っ張って部品を取り外す」「分解して部品を取り外す」などの方法があります。
ただし、作業に不慣れな場合は無理に部品を取り外すのはやめておきましょう。対処を誤ると事態が深刻になってしまう可能性があります。

ナットを締め直す

ナットのゆるみが水漏れの原因となっている場合は、ナットを締め直すだけで改善できます。
ただし、ナットをきつく締めすぎると破損の原因となり、さらに水漏れの原因となってしまうため注意してください。

蛇口の水漏れ修理は業者への依頼がおすすめ

蛇口の水漏れ修理は、業者への依頼をおすすめします。
自分で対処できるケースもありますが、専門的な知識がなかったり、自己流で解決したりしようとすると、設備を壊してしまう恐れがあります。最悪の場合、かえって修理費用が高額になってしまう可能性がありますので、作業に不安を感じる方は専門業者に相談してください。

蛇口の水漏れは早めに修理しましょう

蛇口の水漏れは慌ててしまうものですし、修理費用に不安を感じてしまうことも多いでしょう。
しかし、良心的な業者に相談すれば5,000~1万円程度で対応してくれることがほとんどです。
現在、蛇口の水漏れにお悩みの方は、本ページを参考にしながら対処法について検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました