排水口のつまりを溶かすには?原因とキッチン・台所で実践すべき解決方法

キッチン・台所の排水口のつまりは多くの方が悩む問題です。排水口がつまると水の流れが悪くなってしまいますし、不快な臭いの原因にもなってしまうたえ、早めの解決が重要といえます。
そこで、今回はキッチン・台所の排水口のつまりを溶かす方法や、そもそもつまりが発生してしまう原因についてご紹介します。

キッチン・台所の排水口がつまる原因

そもそも、キッチン・台所の排水口がつまる原因は何なのでしょうか。
まずは、考えられる「つまりの原因」について解説します。

排水パイプが汚れている

キッチン・台所の排水口がつまる原因として、まず挙げられるのが「排水パイプの汚れ」です。
例えば、油汚れが蓄積して水の流れを悪くしていたり、ヘドロが発生していたりする場合は、排水口がつまってしまうことがあります。
仮に油をそのまま排水口に流していなくても、食器に付着した油汚れは洗剤と一緒に流れていくものです。少ない油であっても、日々蓄積していきますので、結果的に排水口のつまりとなってしまいます。

食材がつまっている

細かい食材カスが排水口につまっていることで、水が流れない…といった事態に陥ることも多いです。
「少しくらいなら…」と、細かい食材を排水口に流してしまうと、つもりつもって排水口のつまりとなってしまうため注意してください。

小さな食器がつまっている

あまり多いケースではありませんが、小さな食器が排水口内につまっているといったことも考えられます。
例えば、細いフォークやスプーン、子供用の短いおはしなど、気が付かないまま排水口内に落ちてしまっていることがあるのです。
小さな食器が排水口内にあると、水の流れが悪くなってしまい、結果的に「つまり」となってしまいます。

キッチン・台所の排水口のつまりを溶かす方法

キッチン・台所の排水口のつまりを溶かすにはどうしたら良いのでしょうか。
ここからは、効果的な解決方法についてご紹介します。

タオルとお湯でつまりを溶かす

不要なタオルを排水口につめ、お湯をシンクに張るだけでつまりを解消できる場合があります。
シンクにお湯を張ったら一機にタオルを引き抜き、排水口へとお湯を流しましょう。水圧の影響で排水口のつまりが解消されます。

専用のクリーナーでつまりを溶かす

市販の「パイプユニッシュ」などの専用のクリーナーを使って、つまりを溶かすのもおすすめです。
排水口内に直接液剤を入れて、一定時間放置します。その後、水を流して排水口内の液剤を洗い流せば完了です。
ただし、作業中や液剤を放置している間は、十分に換気を行ってください。

専用の薬剤を使ってつまりを溶かす

「ピーピースルー」などの専用の薬剤を使用して、つまりを溶かすこともできます。
上記の薬剤は、業者でも使っている強力なタイプですので、頑固なつまりにも効果的です。ただし、皮膚に付着すると肌トラブルを引き起こす恐れがありますので、手袋を着用してから作業を行いましょう。
使い方は、クリーナーと同じで「液剤を排水口内に直接撒いて、一定時間放置するだけです。最後に水で洗い流せば作業は終了です。

キッチン・台所の排水口のつまりは効果的に解決しましょう

本ページでは、キッチン・台所の排水口のつまりを溶かす方法についてご紹介しました。
ちょっとした工夫や、市販商品の活用でキッチン・台所の排水口のつまりを溶かすことができます。しかし、長年蓄積した汚れによるつまりなどの場合は、業者に依頼したほうが良いでしょう。
また、小さな食器が排水口内でつまっている場合も、自分で対処せずに業者に依頼して、安全に解決することをおすすめします。
現在、キッチン・台所の排水口のつまりに悩んでいる方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、適切に対処してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました