事例

トイレの水漏れ修理事例

便器タンクの中に設置されているゴムフロートが不具合を起こすことで水もれしてしまうことがあります。フロートが完全に劣化している場合はパーツを交換しますし、フロート下部に異物がある場合は除去します。
排水時に水が流れ続けて止まらなくなってしまったという経験をしたことがある方も多いかもしれませんが、これはボールタップの故障です。バルブパッキンの交換やボールタップを交換することで修理できます。

キッチンの水漏れやシンクのつまり修理の参考事例

シングルレバーの水栓が故障
水が止まらなくなってしまったキッチンをお持ちのご家庭を点検。老朽化によって破損しやすい箇所のため、交換させていただきました。
ただし、10年以上使っていると経年劣化し、他の部分も故障しやすくなっているので、買い替えをした方がよいかもしれません。この点をお伝えし、ご納得の上で交換をしました。

油や食べ物のカスが蓄積
シンクのつまりでお困りのお客様に対し、緊急修理の対応をさせていただきました。原因は、油や食べ物のカスが蓄積したからですが、メンテナンスの不備が関係していたようです。
なお、対応時刻は深夜1時半でしたが、ご連絡いただいてから、迅速に駆けつけ、修理させて頂きました。

お風呂・シャワーの水漏れ修理の参考事例

浴室蛇口の水漏れ
浴室の蛇口の水漏れはご依頼の多いトラブルです。ご依頼があったのは10年程度使用したINAX製サーモスタット水栓です。
蛇口を分解し原因を調査させていただいた結果、原因は切替弁ユニットであることが分かり、交換をして蛇口を元通りにし、作業を完了させました。
蛇口は10年を過ぎると故障しやすくなりますので、ご注意ください。

洗面台の水漏れ修理の参考事例

蛇口から水漏れ
洗面台の蛇口から水漏れ、との依頼があり調査・点検させていただいました。
大変きれいに掃除もされていましたが、劣化が進んでいましたので蛇口の交換をさせていただきました。作業時間は約1時間で完了です。

水漏れで洗面下まで水が染みていました。
古い洗面台だったので交換を提案し、作業を実施しました。排水管の修繕も行い、新しい洗面台に取り替えさせていただきました。

蛇口の水漏れ修理の参考事例

ポタポタと水が落ちる蛇口
キッチンの水道で強く締めても、水が垂れている状態でした。長く使用していて、しばらく点検も大きな故障もなかったため、パッキンの交換が必要でした。
長く使っているとパッキンの劣化が起こり、その破片が水に混ざっていることもありますので、緊急性がないと感じられる場合でも注意が必要です。

ハンドル接続部分からの水漏れ
シングルレバーの混合水栓のハンドルの根元部分から染み出るように漏れていました。中のバルブの故障が原因のようでした。
止水をしてからハンドルを外して、バルブを新しいものと交換して対応いたしました。バルブの故障の原因はさまざまなものが考えられますが、よく壊れる場所でもあるため、ハンドル部分のトラブル時にはバルブの故障を疑ったほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました